かぞくとあおぞら

** SONY α7R、Ricoh GR、GXR、DP2Mでつづった日々の記録。お散歩、家族、大切な何か **

[GR Digital4] CCDセンサーのゴミ除去  

R0148760
RICOH GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO


先日GR Digital4のCCDにゴミが付着したことを書きましたが、とりあえず可能な範囲で除去を試みました。
一応記録として残します。


本来はサポートに修理を依頼するべきですが、サポートに持ち込んだ方のブログでは 2万以上かかったと書かれているので、
ちょっと躊躇してしまいました。
しかも市場では新品が3万4,000円台まで下がっていることを考えると、ちょっと考えちゃいますよね。。。


で、いろいろ調べてみるとGRDはセンサーに汚れが見つかった場合はセンサーユニットまるごと交換となるようです。
確実にゴミを除去する、分解して清掃する手間を少なくする等を理由にそうしているのでしょうか?(ホントかな?!)
それに修理費用については送付して個別に見積もり依頼しないと分からないようです。

それにしてもゴミが混入しやすい構造ならば(メーカーも認めているらしいですが)、低コストでメンテナンスができるようにしてほしいですよね。

さて、それでは分解について解説します。
参考に他の方が分解していないか探してみましたがGRD4で同様の記事は見つかりませんでした。。。
(※ 分解は個人の責任において行ってください。二次的な故障の原因になるので分解はあまりお勧めしません。)

以下、手順の説明です。


<用意するもの>

・精密ドライバー
 プラス(1mm)、マイナス(~1.4mm程度)

・ピンセット
 手先が器用な人ならば、特になくても問題なしかもです。
 ただ、小さな隙間から作業を行う必要があるで、あると全然楽だと思います。
 (自分はピンセットがなかったので用意しませんでした。。。)

・ブロアー
 ブロアーもしくはダストブローを使います。
 ただし、ダストブローでセンサーの清掃を行うことは避けた方がいいようです。なぜなら高圧なガスで埃を吹き飛ばす際に傷をつける可能性があるからです。
 といいつつも、今回はスプレータイプのダストブローを使用しています。。。決して真似をしないようにしてください。

・トレイ
 ネジや細かい部品を置くために使います。なくても特に問題ありませんがネジをなくすと悲しい思いをすることに。。。


<手順>

作業時間 約30~60分(慣れると30分程度でできる作業です。)

1) 電池、メモリーカード、ホットシューカバーを取り外す

 背面の基盤がむき出しになるので感電を防ぐためにも電池は抜いておきます。また、メモリーカードも一応抜きます。
 ホットシューカバーは 2)の手順を行うために必ず外す必要があります。


2) ホットシューを外す

 ホットシューの金属カバーの隙間に、マイナスドライバーを差し込んで少し持ち上げます。
 そのまま手前にスライドさせると金属カバーを抜き取ることができます。

R0148765
RICOH GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO

 さらに、金属カバーの下には固定するネジが4本隠れているのでプラスドライバーで外します。
 ネジを取るとホットシューが取り外せます。


3) カメラ側面のネジを外す

 背面パネルを取り外す前に側面のネジを取り外します。
 ネジは全部で6本あります。

 分かりにくいネジの場所は2ヶ所。
 ひとつは前側のグリップの下。ネジは2つ隠れていますが、背面パネル側のみ外します。
 もうひとつは左上部にあるストラップ穴の奥にあります。

R0148766
RICOH GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO


4) 背面パネルを外す

 軍幹部の右側を軽く持ち上げ、背面パネルをゆっくりと開いていきます。
 2本の配線ケーブルがつながっています。

R0148767
RICOH GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO


4) 配線ケーブルをコネクタから抜く
 フィルム状の配線ケーブルが2本、本体側のコネクタにつながっています。

 1本は軍幹部付近にあるコネクタにつながっており、もう一本の広めのケーブルは背面ボタン裏あたりのコネクタにつながっています。
 マイナスドライバーで挟み込まれているツメ(?)を立ててゆっくり抜き取ります。

R0147115
RICOH GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO

広いほうのケーブル。液晶表示とボタンの信号用配線かな。

R0148770
RICOH GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO


5) CCDを押さえている金属版を外す

 GRD4は手ぶれ補正を内蔵しているため、GRD3までと構造が異なるようです。
 旧GRDはCCDがネジ留めされており、簡単にCCDにアクセスできたようですが、GRD4はアクセスが難しいようです。

 そこで諦めず、3枚の金属版を剥がしてゆきます。
 うち2枚は磁石になっていて、磁力で張り付いているため簡単に取り除けます。
 一番したの金属版は両面テープで張り付けられているため、ゆっくり剥がします。


RICOH GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO

3枚の金属板が見えます。一番下の金属板以外は磁石で張り付いています。


6) CCDユニットを軽く持ち上げ隙間をつくる

 5)で金属版を剥がすと、あとはCCDユニットだけです。
そのまま抜き出せれば楽ですが、手ぶれ補正関係のケーブルとツメがつながっており、これ以上の分解は非常に危険です。
 さすがにそこまでチャレンジする気にはなりませんでした。

 とりあえず、CCDユニットの角をつまんで軽く持ち上げると、なんとかCCDセンサー、レンズにアクセス可能になります。

R0148773
RICOH GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO

分かりにくいですが、CCDユニットを持ち上げて隙間を作ったところ。


7) 隙間からブロアーでゴミを吹き飛ばす

 6) であけた隙間にブロアーの先端を差し込みゴミを吹き飛ばします。
 ダストブローを使えば簡単に小さな隙間からゴミを吹飛ばすことができますが、前述のリスクがあります。

8) 逆の手順で戻す。

カバーを外した時と逆の手順で戻していきます。
特に金属板の戻し作業とケーブルの戻し作業には十分注意してください。誤動作の原因になります。
金属板の位置ズレはセンサーが手ブレを誤検知してモーターが異常動作を起こします。また、ケーブルの接続が悪いと液晶モニターが表示されなかったり、ボタン動作がおかしくなります。
完全にカバーを閉めずに動作を確認してからカバーを閉めるようにすると確実です。

以上で清掃完了です。

この手順である程度の清掃は可能ですが隙間からの作業になるため、確実に清掃ができるとは限りません。
あくまで埃を吹き飛ばせる範囲で手当てをするだけです。
確実にゴミを除去するためにはやはりサービスセンターに修理を依頼したほうがベターです。

この方法で一番気になっていたゴミ(繊維状のもの)はなくなったので、しばらく様子を見ながら使うことにします。






category: 写真・カメラ

thread: ★カメラ&レンズ・機材 - janre: 写真

tag: RICOH GR Digital IV 
tb: 0   cm: 5

[GXR] ほわほわな写真  


R0146615
RICOH GR Digital IV

ズミクロン50mmf2でほわほわ写真を。

このレンズで撮るとなんともいえない優しい写真ができあがります。
絞り開放付近で使うからなおさらなのかもしれませんけど。

まさにズミクロンは春にぴったりの優しいレンズです。
(レンズ自体は使いこなすのが難しいんですけどね。)


R0147858
RICOH GXR + GXR MOUNT A12(SUMMICRON 50mm F2)

昼寝中の猫。
見ているだけで眠くなります。



R0147855
RICOH GXR + GXR MOUNT A12(SUMMICRON 50mm F2)

桜もほわほわ。もう夢心地です。



R0147854
RICOH GXR + GXR MOUNT A12(SUMMICRON 50mm F2)



R0147831
RICOH GXR + GXR MOUNT A12(SUMMICRON 50mm F2)



R0147825
RICOH GXR + GXR MOUNT A12(SUMMICRON 50mm F2)

心地よくてだいぶ眠くなってきました。


R0147812
RICOH GXR + GXR MOUNT A12(SUMMICRON 50mm F2)

おやすみなさい。。。



RICOH GXR MOUNT A12RICOH GXR MOUNT A12
(2011/09/09)
リコー

商品詳細を見る

category: 写真・カメラ

thread: スナップ写真 - janre: 写真

tag: GXR MOUNT A12(SUMMICRON 50mm F2) 
tb: 0   cm: 0

[GXR] GXR + GXR MOUNT A12 用ピンホールユニット(その2)  

SDIM3271
SIGMA DP2 Merrill

前回GXR MOUNT A12用にピンホールユニットを作りましたがその続編です。
まだ続けているとは思いませんよね!?
レンズを買えないことをいいことに、開き直って楽しんじゃいます。

前回記事
 → [GXR] GXR + GXR MOUNT A12 用ピンホールユニット


前回はとりあえず、GXR MOUNT A12で針穴写真が撮れるところまで作るというのが趣旨でしたが、撮れた写真はとても見れたものではありませんでした(笑
今回は(多少)まともな写真が撮れることを目標に改造をしてみました。


とりあえず、以下の問題を解決します。

・針穴の改善
 → 針穴の径が予想より大きく、像が安定しない(ボケボケになる)

・フレアの解消
 → 針穴周辺から光の筋が写り込んでしまう。


そして、やってみたのは以下の改良。

・針穴ユニットの追加
 → 追加で2つレンズ(ピンホール)を追加しました。

より精度を上げて径の小さいピンホールを作成、より像が絞られるようにしました。
さすがに2回目ということもあり、作成技術が向上していい針穴が作れるようになりました。w


・焦点距離の改良
 → 銅鏡(?)を短くしてより広角よりにしました。

前回はGR Lens A12 50mm F2.5 Macro を彷彿させるような長さでしたが、今回の改良により
GR Lens A12 28mm F2.5 くらいの長さになりました。
これでだいぶ扱いやすくなりました。


・ピンホールフードの作成
 → フレアを解消するためにフードを作成しました。

これで針穴周辺から写り込んでいた光の筋が解消されました。レンズフードって大切なんだ
なぁと今更ながら気が付きました。勉強になります。


実際のユニットはこんな感じです。

SDIM3280
SIGMA DP2 Merrill


SDIM3270
SIGMA DP2 Merrill


SDIM3284
SIGMA DP2 Merrill

小さい改良ですが、フタがつきましたw


なかなか本格的になってきました。
まさかこういう遊び方ができるなんて、カメラって面白いですね。
ちょっと作りが荒いけど、その気がでたら綺麗に仕上げたユニットでも作ろうかな。


で、一応作例です。
写真としてはまだまだですが、だいぶまともになったと思いませんか?
ソフトフォーカスな写真になりました。

R0147510
GXR + Pinhole Unit

コーヒーカップ

モード:Mモード
露出時間:30秒
感度:ISO200


R0147502
GXR + Pinhole Unit

ざわめく桜

モード:Mモード
露出時間:3.2秒
感度:ISO200


R0147492
GXR + Pinhole Unit

滑り台

モード:Mモード
露出時間:2秒
感度:ISO200


R0147498
GXR + Pinhole Unit

すべる

モード:Mモード
露出時間:3.2秒
感度:ISO200


ピンホール写真楽しいですね。また、時間をみて楽しみたいと思います。


RICOH GXR MOUNT A12RICOH GXR MOUNT A12
(2011/09/09)
リコー

商品詳細を見る



category: 写真・カメラ

thread: ★カメラ&レンズ・機材 - janre: 写真

tag: GXR MOUNT A12(PINHOLE) 
tb: 0   cm: 0

[GXR] GXR + GXR MOUNT A12 用ピンホールユニット  

R0146607
RICOH GR Digital IV

GXR + GXR MOUNT A12用にピンホールユニットを作ってみました。
前からずっと作ってみたいと思っていたけど、すっかり忘れてましたよ...。

とりあえずピンホールユニットということで GXR MOUNT A12 にマウントできるように作っていきます。
マウントするというかくっつけるんですけどね。。。(^-^;
GXR MOUNT A12 付属のキャップに穴をあけるのが一番簡単なんですが、もったいないので全部作ります。


では、さっそくDIYしていきます。


まず、銅鏡部分を作っていきます。
材料は工作用方眼用紙。GXR MOUNT A12 の外周に合わせて15cmくらいに切り取ります。
それから多少見栄を良くするため、黒くテープを張っていきます。

切り欠けは GXR MOUNT A12 のロック部分に合わせてカットしています。

R0146578
RICOH GR Digital IV

ひと通りテープを張り終えたらこんな感じに丸めます。


R0146585
RICOH GR Digital IV

次に、ピンホールをセットする面を作ります。
ピンホールはサイズ調整をすることが考えられるので、付け替え可能なように工夫しています。

R0146588
RICOH GR Digital IV

次に一番の重要な部分であるピンホール部分を作ります。

空き缶を適度な大きさに切り取り、裁縫用の針で穴をあけていきます。
針は先端が少し出るくらいまで通すようにします。
全部通してしまうと穴が大きくなりすぎるので注意します。
(大体 0.3mmほどの穴をあけます。)

穴をあけた部分はギザギザになっているので、紙やすりで平らにします。

R0146597
RICOH GR Digital IV

作ったピンホールと先ほど作った面をくっつけていきます。
こんな感じになります。


R0146601
RICOH GR Digital IV

最後に銅鏡部分に面を取りつけたら完成!

R0146602
RICOH GR Digital IV

こんな感じに GXR MOUNT A12 にマウントできます。
見た目はGR LENS A12 50mm Macro みたい。焦点距離を長めにしたので画角は狭めです。

R0146604
RICOH GR Digital IV

R0146603
RICOH GR Digital IV

で、さっそく試し撮りをしてみると、こんな感じ。
なんかイマイチですね~(^-^;
しかも、センサーにゴミが付着しているという事実に気がついてしまった。(^-^;;

R0147318
RICOH GR Digital IV

モード:Mモード
露出時間:30秒
感度:ISO200



ピンホール写真なかなか面白いけれど、思うような写真を撮るにはいろいろ微調整が必要みたいです。。。
もう少し時間があるときにまたいろいろいじってみようと思います。


いつか公開できるくらいのピンホール写真できるといいな。



RICOH GXR MOUNT A12RICOH GXR MOUNT A12
(2011/09/09)
リコー

商品詳細を見る

category: 写真・カメラ

thread: ★カメラ&レンズ・機材 - janre: 写真

tag: GXR MOUNT A12(PINHOLE) 
tb: 0   cm: 1

[DP2M] ファームウェアアップデートしました。  

R0147224
RICOH GXR + GR LENS A12 50mm Macro F2.5

DP2Meriill のファームウェアをアップデートしました!


えっ?今頃? と言われそうですがメインはGXRなので。。。
と苦しい言い訳です(笑)


さてアップデートで何が追加/変更されたかというと。


SIGMA FIRMWARE UPDATE ページより。

Ver. 1.04
•顔優先AFモードを追加いたしました。
•RAWもしくはRAW+JPEGでB/W(白黒)を選択出来るようにいたしました。
•USBケーブルを使用した画像転送時にまれに画像がエラーとなる現象を修正いたしました。
•弊社製フラッシュ以外を使用した場合でも1/125秒以下のシャッタースピードで同調するように仕様変更致しました。
•JPEG撮影時に画像がAdobe RGBのカラースペースに正しく反映されない問題を修正いたしました。


とのことです。嬉しいですねー。

R0147218
RICOH GXR + GR LENS A12 50mm Macro F2.5

で、こちらがマイ DP2Merrill。

カメラケースはULYSSESのSIGMA DP メリル用本革ケースです。
もともとDP2Mはスクェアな作りで、悪く言えば引っかかりがなく落としやすいデザインですが、このケースを使うようになってから安心してホールドできます。

ストラップは同じくULYSSESのminimo。コンパクトに持ち歩くことを考えて、かさばらず確実にひっかけられるものにしました。
デザインもカワイイですしね。


というわけで、話を戻してファームアップを進めます。
まずはダウンロードサイトから「DP2M_104.bin」「DP2MV104.bin」の二つのファイルをダウンロードし、SDカードに転送します。
そして、カメラにSDカードを挿入します。


R0147227
RICOH GXR + GR LENS A12 50mm Macro F2.5


メニューからバージョンを確認すると、なんとv1.01。
カラーモードに「FOV Classic Blue」モードが追加されたときにアップデートしたはずなんだけどなぁ。。。おかしいな?



R0147230
RICOH GXR + GR LENS A12 50mm Macro F2.5


そしていよいよ更新を開始します。
待つこと3分くらいでした。無事にアップデートが完了。



R0147233
RICOH GXR + GR LENS A12 50mm Macro F2.5


メニューからバージョンを確認すると無事 v1.04になっていました。

さて、これからもDP2Merrillでいろいろ撮って行きたいと思います。



シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素
(2012/07/12)
シグマ

商品詳細を見る

category: 写真・カメラ

thread: ★カメラ&レンズ・機材 - janre: 写真

tag: SIGMA DP2 Merrill 
tb: 0   cm: 0