かぞくとあおぞら

** SONY α7R、Ricoh GR、GXR、DP2Mでつづった日々の記録。お散歩、家族、大切な何か **

[GXR] GXR + GXR MOUNT A12 用ピンホールユニット(その2)  

SDIM3271
SIGMA DP2 Merrill

前回GXR MOUNT A12用にピンホールユニットを作りましたがその続編です。
まだ続けているとは思いませんよね!?
レンズを買えないことをいいことに、開き直って楽しんじゃいます。

前回記事
 → [GXR] GXR + GXR MOUNT A12 用ピンホールユニット


前回はとりあえず、GXR MOUNT A12で針穴写真が撮れるところまで作るというのが趣旨でしたが、撮れた写真はとても見れたものではありませんでした(笑
今回は(多少)まともな写真が撮れることを目標に改造をしてみました。


とりあえず、以下の問題を解決します。

・針穴の改善
 → 針穴の径が予想より大きく、像が安定しない(ボケボケになる)

・フレアの解消
 → 針穴周辺から光の筋が写り込んでしまう。


そして、やってみたのは以下の改良。

・針穴ユニットの追加
 → 追加で2つレンズ(ピンホール)を追加しました。

より精度を上げて径の小さいピンホールを作成、より像が絞られるようにしました。
さすがに2回目ということもあり、作成技術が向上していい針穴が作れるようになりました。w


・焦点距離の改良
 → 銅鏡(?)を短くしてより広角よりにしました。

前回はGR Lens A12 50mm F2.5 Macro を彷彿させるような長さでしたが、今回の改良により
GR Lens A12 28mm F2.5 くらいの長さになりました。
これでだいぶ扱いやすくなりました。


・ピンホールフードの作成
 → フレアを解消するためにフードを作成しました。

これで針穴周辺から写り込んでいた光の筋が解消されました。レンズフードって大切なんだ
なぁと今更ながら気が付きました。勉強になります。


実際のユニットはこんな感じです。

SDIM3280
SIGMA DP2 Merrill


SDIM3270
SIGMA DP2 Merrill


SDIM3284
SIGMA DP2 Merrill

小さい改良ですが、フタがつきましたw


なかなか本格的になってきました。
まさかこういう遊び方ができるなんて、カメラって面白いですね。
ちょっと作りが荒いけど、その気がでたら綺麗に仕上げたユニットでも作ろうかな。


で、一応作例です。
写真としてはまだまだですが、だいぶまともになったと思いませんか?
ソフトフォーカスな写真になりました。

R0147510
GXR + Pinhole Unit

コーヒーカップ

モード:Mモード
露出時間:30秒
感度:ISO200


R0147502
GXR + Pinhole Unit

ざわめく桜

モード:Mモード
露出時間:3.2秒
感度:ISO200


R0147492
GXR + Pinhole Unit

滑り台

モード:Mモード
露出時間:2秒
感度:ISO200


R0147498
GXR + Pinhole Unit

すべる

モード:Mモード
露出時間:3.2秒
感度:ISO200


ピンホール写真楽しいですね。また、時間をみて楽しみたいと思います。


RICOH GXR MOUNT A12RICOH GXR MOUNT A12
(2011/09/09)
リコー

商品詳細を見る



category: 写真・カメラ

thread: ★カメラ&レンズ・機材 - janre: 写真

tag: GXR MOUNT A12(PINHOLE) 
tb: 0   cm: 0

[GXR] GXR + GXR MOUNT A12 用ピンホールユニット  

R0146607
RICOH GR Digital IV

GXR + GXR MOUNT A12用にピンホールユニットを作ってみました。
前からずっと作ってみたいと思っていたけど、すっかり忘れてましたよ...。

とりあえずピンホールユニットということで GXR MOUNT A12 にマウントできるように作っていきます。
マウントするというかくっつけるんですけどね。。。(^-^;
GXR MOUNT A12 付属のキャップに穴をあけるのが一番簡単なんですが、もったいないので全部作ります。


では、さっそくDIYしていきます。


まず、銅鏡部分を作っていきます。
材料は工作用方眼用紙。GXR MOUNT A12 の外周に合わせて15cmくらいに切り取ります。
それから多少見栄を良くするため、黒くテープを張っていきます。

切り欠けは GXR MOUNT A12 のロック部分に合わせてカットしています。

R0146578
RICOH GR Digital IV

ひと通りテープを張り終えたらこんな感じに丸めます。


R0146585
RICOH GR Digital IV

次に、ピンホールをセットする面を作ります。
ピンホールはサイズ調整をすることが考えられるので、付け替え可能なように工夫しています。

R0146588
RICOH GR Digital IV

次に一番の重要な部分であるピンホール部分を作ります。

空き缶を適度な大きさに切り取り、裁縫用の針で穴をあけていきます。
針は先端が少し出るくらいまで通すようにします。
全部通してしまうと穴が大きくなりすぎるので注意します。
(大体 0.3mmほどの穴をあけます。)

穴をあけた部分はギザギザになっているので、紙やすりで平らにします。

R0146597
RICOH GR Digital IV

作ったピンホールと先ほど作った面をくっつけていきます。
こんな感じになります。


R0146601
RICOH GR Digital IV

最後に銅鏡部分に面を取りつけたら完成!

R0146602
RICOH GR Digital IV

こんな感じに GXR MOUNT A12 にマウントできます。
見た目はGR LENS A12 50mm Macro みたい。焦点距離を長めにしたので画角は狭めです。

R0146604
RICOH GR Digital IV

R0146603
RICOH GR Digital IV

で、さっそく試し撮りをしてみると、こんな感じ。
なんかイマイチですね~(^-^;
しかも、センサーにゴミが付着しているという事実に気がついてしまった。(^-^;;

R0147318
RICOH GR Digital IV

モード:Mモード
露出時間:30秒
感度:ISO200



ピンホール写真なかなか面白いけれど、思うような写真を撮るにはいろいろ微調整が必要みたいです。。。
もう少し時間があるときにまたいろいろいじってみようと思います。


いつか公開できるくらいのピンホール写真できるといいな。



RICOH GXR MOUNT A12RICOH GXR MOUNT A12
(2011/09/09)
リコー

商品詳細を見る

category: 写真・カメラ

thread: ★カメラ&レンズ・機材 - janre: 写真

tag: GXR MOUNT A12(PINHOLE) 
tb: 0   cm: 1